◎日本でも利用者がふえている電子書籍

最近、利用者が増えている電子書籍は、本の流通の過程と大きく異なります。 電子書籍は、出版社や取次店が必要なく、著者と電子書籍の運営元が直接やり取りすることが可能です。そうすると利益配分が変わり、著者の収入がふえます。危機感をもった出版社は紙の書籍と電子書籍を同時刊行したり、絶版本データ化したりする試みを行なってます。電子書籍が増えていますがまだまだ古本屋を利用する人は多いです。新しい本は電子書籍で、新館でなければまずは古本屋で探すといった購買行動が消費者にあるようです。