一冊の本が出来上がり、読者の手元に届くまでにはどのような過程があるのでしょうか。本を制作して発行しているのは皆さんご存知の通り、出版社です。

しかし、出版社が本を印刷して全国の書店へと配達しているわけではありません。そんなことをしていては、人手がいくらあっても足りません。取次会社が全国へ本を届ける作業を担っています。また、少数派ではありますが、取次会社を通さない直取引という方法もあります。本を売るだけでなく、返本の作業も行っています。書店に並ぶ本の多くは、一定の期間だけお店に置いておき、売れ残った場合は返本できる委託販売というシステムが一般的です。委託販売の期間は本によってまちまちですが、期間内であれば取次を通して出版社に返本可能です。万が一、期間を経過してしまったとしても、出版社と交渉して取次を通せば返本できることもあります。

このように、取次会社は出版社から全国へ本を届けるとともに、全国の書店から返本を取りまとめ、出版社へ戻す役割も担っているのです。

本の最後の方には、奥付と呼ばれるページがあり、出版社や発行年月日、何回増刷されたかなどが書かれています。古本買取では、奥付を買取価格の参考にすることもあります。